添加剤ドットコム HOMEサイトマップご質問・お問合せ 添加剤サンプルお申し込み
トップページ
添加剤ドットコムとは
用途別一覧表
添加剤特集
添加剤マーケット情報
屋外暴露受託サービス
関連リンク
会社概要
お問合せ
enplanet相互リンク

個人情報保護方針
BASF

ポリマー用耐熱安定剤の化学構造式


お問い合わせ先
豊通ケミプラス株式会社
03-4306-8662 / 06-6243-3542
IRGASTAB FS042は変色防止に特化した酸化防止剤です。一次酸化防止剤と二次酸化防止剤の作用機構を併せ持ち、連続押出時やNOxガス環境下での黄変防止に著しい効果を発揮します。ポリオレフィンに極めて優れた加工安定性を与えるIRGASTAB FSシリーズもあります。IRGASTABシリーズの詳細についてはお問い合わせください。

1. ヒンダードフェノール系酸化防止剤

IRGANOX 1010
IRGANOX 1010 FF
標準
サンプル量

100g

全ての樹脂、エラストマーの耐熱性向上に効果を発揮する代表的なフェノール系酸化防止剤である。更に優れた加工熱安定性を要求される場合は、リン系やラクトン系加工熱安定剤と併用される。高分子量のため低抽出性、低揮散性であり、薄物から厚物まで幅広い用途に使用される。
IRGANOX 1035
IRGANOX 1035 FF
標準
サンプル量

100g
特にワイヤーケーブル用途に使用される架橋ポリエチレンやカーボンブラック入り用途に使用される酸化防止剤である。構造中に硫黄を有しており、イオウ系耐熱安定剤との併用も頻繁に行われる。他にポリステル系樹脂、エラストマー、接着剤等においても有効である。
IRGANOX 1076
IRGANOX 1076 FD
標準
サンプル量

100g
多くの高分子化合物と相溶し揮散性が低く、耐抽出性に優れているヒンダードフェノール系酸化防止剤である。主な適用素材としてはポリエチレン、ポリプロピレン、ポリブテン等のポリオレフィン、ポリスチレン、HIPS、ABS等のスチレン系ポリマー、EPDM、BR等の各種エラストマー、リニアーポリエステル、塩ビ、接着剤等が挙げられる。
IRGANOX 1098   標準
サンプル量

100g

熱的に安定な低揮散性で、耐溶出性に富む酸化防止剤で、特にポリアミドに卓越した効果を発揮する。重合前に添加した場合は色相を著しく改良する。重合後に添加した場合は物性面で最大の改良効果をもたらす。
IRGANOX 1135   標準
サンプル量

100g

ポリウレタンに適した液状酸化防止剤で、特にポリウレタン成形、軟質フォーム、シーリング材、熱可塑性ポリウレタンの耐熱性向上に推奨される。ポリオールや各種溶剤に容易に溶解し、分散性を改善する。
IRGANOX 1330   標準
サンプル量

100g

低揮散性で耐抽出性に優れポリオレフィン系樹脂を中心にパイプ等の温水との接触用途に使用されている。その他にフィルムやケーブルの絶縁用途にも使用されている。
IRGANOX 1726   標準
サンプル量

100g

SBSやSIS等の熱可塑性ゴムおよびポリウレタン接着剤用途に優れた加工性、長期安定性を付与する多機能安定剤であり、リン系やチオエーテル系の2次酸化防止剤を併用する必要はない。低添加量で卓越した着色抑制や溶融粘度安定性を示し、さらに合成ゴムや熱可塑性エラストマー等の安定化として推奨される。
IRGANOX 1425 WL   標準
サンプル量

100g

ポリプロピレン及びポリエチレン繊維に推奨されるフェノール系酸化防止剤である。他の酸化防止剤と比較して、初期着色及び燃焼ガスによる変色の改善が期待できる。ポリエチレンワックスと混合し、ポリマー中の分散性を改良したIRGANOX 1425 WLとIRGAFOS 168との併用系が推奨される。
IRGANOX 1520 L   標準
サンプル量

100g

ポリブタジエン、スチレンブタジエン、ニトリルゴム等の合成ゴム、熱可塑性エラストマー、粘接着剤用途に適した液状酸化防止剤である。ポリマーの静的劣化のみならず、動的な劣化に対しゲル化、着色抑制の効果を発揮する。二次酸化防止剤であるTNPPフリー処方が推奨される。
IRGANOX 245
IRGANOX 245 FF
標準
サンプル量

100g

スチレン系樹脂、エンジニアリングプラスチック、特にポリアセタール、ポリアミド系、ポリウレタン、塩ビ、MBSエラストマー、合成繊維、紡糸油等の加工、耐熱性に優れた効果を与える。イオウ系耐熱安定剤、リン系加工安定剤とも相乗効果を発揮する。これらを基本安定化処方とし、更に耐光安定剤を配合した場合、卓越した耐光性を発揮する。
IRGANOX 259   標準
サンプル量

100g

ポリアセタールのホモポリマー及びコポリマーに対して効果のある酸化防止剤である。樹脂の機械物性の急激な低下を抑え、樹脂の加工性を向上させる。
IRGANOX 3114   標準
サンプル量

100g

ポリオレフィン系及びスチレン系樹脂、塩ビ、ポリウレタンや合成ゴム、接着剤等、色々な樹脂に適用できる。フェノール系酸化防止剤の中では比較的充填剤(フィラー)による吸着作用が少なく耐NOx変色性にも優れるため、ポリプロピレンのフィラー入りグレードや繊維用途に推奨されている。
IRGANOX 5057   標準
サンプル量

100g

ポリウレタン軟質フォームのスコーチ防止耐熱性向上に推奨される。特にIRGANOX 1135との併用で相乗効果を発揮し、ポリオールへの溶解性に富む。フェノール系酸化防止剤との併用による相乗効果を有する。
IRGANOX 565 標準
サンプル量

100g

主に、二重結合を構造中に有するエラストマーでポリブタジエン、ポリプロピレン、またスチレン系樹脂等に優れた加工耐熱安定性を与える。他にポリプロピレン繊維用グレードで特徴を発揮する。硫黄含有フェノール系酸化防止剤としての特徴があり、イオウ系やリン系加工安定剤との併用で優れた効果を生み出す。
2.リン系加工熱安定剤
IRGAFOS 168 標準
サンプル量

100g

現在加工安定剤として確固たる地位を得ているリン系加工安定剤である。純度も極めて高く、耐加水分解性、耐揮散性に優れる。ポリオレフィン系、スチレン系、ポリカーボネート、ポリエステル、ポリアミド等多くの樹脂に使用される。通常フェノール系酸化防止剤と併用が推奨される。
IRGAFOS 168 をベースにしたブレンドシステム
IRGANOX 1010 とのブレンド
標準
サンプル量

100g
IRGANOX B 225 IRGAFOS 168  1 : 1  IRGANOX 1010
IRGANOX B 215 IRGAFOS 168  2 : 1  IRGANOX 1010
  ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリアミド、ポリエステル系等の熱可塑性樹脂の耐熱安定化処方として広く使用されている。耐加水分解性、耐揮散性のリン系加工安定剤:IRGAFOS 168と、代表的フェノール系酸化防止剤:IRGANOX 1010のブレンドである。樹脂の製造プロセスや加工条件の違いにより、ブレンド比率が選択され使用される。
※顆粒品(FF)、その他各種ブレンド品もございます。詳細は弊社担当までお問合せください。
3.ポリウレタン樹脂用液状加工および熱安定剤
IRGASTAB PUR 68 加工安定剤を組成するブレンドシステム
標準
サンプル量

100g

ポリウレタン樹脂等に優れた加工耐熱安定性を与え、主に軟質ポリウレタンフォームでスコーチ防止、紫外線照射やNOxガスによる着色抑制効果、耐フォギング効果、過酸化物抑制効果等を発揮する。ポリオールに容易に溶解でき分散性に富む。
4.塩ビ樹脂及びMBS樹脂用 液状熱安定剤

5.ヒドロキシルアミン系加工熱安定剤

IRGASTAB FS 042  

ヒドロキシルアミン骨格を有する加工安定剤であり、一次酸化防止剤と二次酸化防止剤の作用機構を併せ持つ。ポリオレフィンに対して、Bブレンド(フェノール系、リン系の併用)よりも低濃度で優れた加工安定性を付与し、ガス変色(特にNOxガス)の可能性を大幅に低減する。
※本商品は単独での販売を行っておりません。下記ブレンドでお求め下さい
IRGASTAB FS シリーズ
IRGASTAB FS 301 FF FS 042 と IRGAFOS 168 のブレンドシステム 標準
サンプル量

100g

ポリオレフィンに対して極めて優れた加工安定性を付与する。さらにフェノール系酸化防止剤使用時にしばしば報告されるガス変色(特にNOx)の可能性を大幅に低減する。
5.ビタミンE系加工熱安定剤
IRGANOX E 201   標準
サンプル量

100g

ポリエチレンの食品等包装材用途を中心に使用される加工熱安定剤である。IRGAFOS 168との併用により更なる色調改善に貢献できる。低い添加濃度において効果が得られるため、大幅な加工安定処方濃度の低減が期待できる。最終加工品の臭いや味においても悪影響を及ぼさない。
6.金属不活性化剤
IRGANOX MD 1024   標準
サンプル量

100g

主にポリオレフィン系ワイヤーケーブル絶縁用途での安定剤として使用されている。ヒドラジン構造に加えてヒンダードフェノール構造を有するため、金属との錯体形成機能のみならず酸化防止効果も得られる。フィラー等の無機物中の多価金属イオンや残存触媒の不活性化にも使用されており、今尚その使用範囲は広がっている。
▲ページTOP